パソコンの普及によってあらゆる文書が簡単に作れるようになりました。今まで印刷業者に依頼していたようなことでも、数時間で作成することができます。また、印刷する紙についても多種多様なものが発売されています。特にシール状のラベル用紙はありとあらゆる用途に合わせて作られています。剥がし易いものや耐水性が高いもの、アイロンによって融着できるようなものもあります。プリンタの種類に合わせてインクジェット方式やレーザ方式のどちらでも対応可能できます。カットの種類もさまざまで、用途に合わせて細かく設定されています。それらのカットに合わせて文書作成用のテンプレートも無料で配布されています。そのテンプレートを使えば誰でも簡単にシールを作ることができます。使い方によって、ビジネスに有効活用できます。

送付物の宛名書きをシールで対応

ビジネスで必ず必要とされることに書類のやり取りがあり、物を送るのであれば宅配便のサービスを受けることもあります。書類を送る場合には、信書として扱うことが必要になります。そのため、この信書を宅配便で物のように送ることはできません。封筒に入れて発送する必要があります。そこで有効となるのが宛名ラベルです。送り先の名前や住所、郵便番号などを表計算でリストとして作っておきます。封筒の大きさに合わせたカットのシールラベルを選択します。文書作成ソフトでカットの大きさや枚数に合わせたデザインを作成します。あとは差し込み印刷機能を使えば、リストのデータを宛名として連続して印刷することができます。あとは剥がしては貼るだけです。一度作っておけば、繰り返し印刷することができるので便利です。

社内の環境を改善するためのサイン

社内で業務を行っているといろいろとミスが起き易い所があることに気がつきます。個人で注意すれば済むことはそのままでも問題ありませんが、誰もがミスをしそうなところには何らかの注意喚起が必要です。そんなときにシールラベルを使って注意を促す内容のサインを作ると便利です。注意喚起したい内容を文書作成ソフトで作成して、貼付場所に適したシールラベルに印字します。屋外に貼付するのであれば、耐候性・耐水性のあるタイプが最適です。もし、常に場所が変わるような場合は、マグネットタイプを利用すると貼り直しが可能です。このようにしてミスが起こりそうな場所に表示しておけば、利用する人が全員確認することができます。コントロールできるリスクは積極的に低減した方が効率的です。